マンガで、人生楽しく!

マンガを毎日読むことで、人生を楽しくしよう!

『カウンタック』全28巻 全巻紹介

カウンタック』1巻紹介

わずか150台しか生産されなかったランボルギーニカウンタックLP400を

手に入れた舜。

ランボルギーニカウンタック!キング・オブ・スーパーカー!!」

「さらば・・・ショボい人生!!」

 

カウンタック』2巻紹介

シボレー・コルベット(C5)Z06 vs ランボルギーニカウンタックLP400。

伝説のランボルギーニ“イオタ”。

 

カウンタック』3巻紹介

ポルシェ911カレラ“タイプ993”とポルシェ928GTS。

フェラーリ・ディーノ246GTの思い出。

 

カウンタック』4巻紹介

生粋のラリーマシンであるランチアストラトス vs

国産初のミッドシップカー・MR-2(AW11)。

跳ね馬365GT4BB vs 闘牛カウンタックLP400。

 

カウンタック』5巻紹介

アクアラインフェラーリ575マラネロをチギる幻のイオタ!?

女社長のランボルギーニディアブロVTロードスター

 

カウンタック』6巻紹介

公称値を上回る奇跡の個体と純血のランボルギーニエンジン。

グラウンドエフェクトによるベンチュリー効果の“LP400エアロスペシャル”。

 

カウンタック』7巻紹介

KING vs JOKER。

300km/hの夢へ。

 

カウンタック』8巻紹介

“L88“エンジンが積まれたたった20台のシボレー・コルベット(C2)スティング・レイ。

ダッヂ・バイパーSRT-10 vs シボレー・コルベット(C5)Z06。

 

カウンタック』9巻紹介

ダッヂ・バイパーSRT-10 vs “L88“エンジン搭載シボレー・コルベット(C2)

スティング・レイ。

たった3台のウルフカウンタック

 

カウンタック』10巻紹介

富士スピードウェイに2台のカウンタック

“伝説”のカウンタック vs “奇跡”のカウンタック

 

カウンタック』11巻紹介

ランボルギーニ社を創立したフェルッチョ・ランボルギーニ

ランボルギーニ・オートはレースには関与しない」

形見のデ・トマソ・パンテーラGT4

 

カウンタック』12巻紹介

伝説のレーシングマシン“フォードGT”。

阪神高速環状線7周対決。

 

カウンタック』13巻紹介

名作映画のデロリアンDMC-12。

カウンタックをデザインしたマルチェロ・ガンディーニ

 

カウンタック』14巻紹介

C1内回りでF王子のフェラーリ・F40 vs フェラーリ・F40。

公道のレーシングカー フェラーリ・F40 vs ランボルギーニディアブロ

 

カウンタック』15巻紹介

ランボルギーニカウンタック(LP5000クワトロバルボーレ)とともにタイヤ交換。

「神は細部に宿る」

 

カウンタック』16巻紹介

サーキット仕様の改造MR-2(AW11) vs

公道仕様のランボルギーニカウンタックLP400。

“縁”が本物か、経験者は語る。

 

カウンタック』17巻紹介

シボレー・コルベット(C5)Z06 vs ポルシェ・928GTSの女性対決。

キング・オブ・ランボルギーニミウラSV vs

キング・オブ・スーパーカーカウンタックLP400後期モデル。

 

カウンタック』18巻紹介

“M”の称号BMW・M1。

時を越えた永遠の宝物。

 

カウンタック』19巻紹介

フェアレディZ(Z33) vs ウルフカウンタックの超法規バトル。

ドラッグレースプロストリート”クラス。

 

カウンタック』20巻紹介

数千馬力、時速600km/h、1/4マイルを4〜5秒の別次元レース。

FORDエンジン×NOS フォード・マスタング vs

GMエンジン×ブロワーのコルベット(ファーストモデル)。

 

カウンタック』21巻紹介

“Dream is not dead.”!!(夢は死なない!)

「オレの“夢”が走り出す!!」

 

カウンタック』22巻紹介

“夢の自動車“ vs R35・GT-R

“夢の車”『メビウス』の誕生!

 

カウンタック』23巻紹介

公道最速を目指す“アルティメットラン”。

「勝負は首都高C1内回り3周!!!」

 

カウンタック』24巻紹介

幻の車イオタ vs 夢の車メビウス

「この自動車はドライバーと一心同体になって走れるんだ!!

 まさに100%自分の思い通りに走ってくれる・・・

 最高の“相棒”なんだ!!」

 

カウンタック』25巻紹介

イオタのドライバーに驚き。

フェラーリ・430スクーデリア vs ランボルギーニカウンタック(LP400)の

“ダイヤルイン”レース。

 

カウンタック』26巻紹介

樹利と早乙女ちゃん。

ブガッティ・ヴェイロン vs シボレー・コルベット(C2)スレッジハンマー

400km/hチキンレース

 

カウンタック』27巻紹介

アウトバーンメルセデス・ベンツSLRマクラーレン722エディションの実力を味わう。

“夢の車HIERO“でニュルブルクリンクの北コース”ノルトシュライフェ“へ。

 

カウンタック』28巻(最終巻)紹介

「25ねんごのぼくは・・・いっしょうけんめいはたらいて社長になって・・・

 大好きなイタリアのスーパーカーランボルギーニカウンタックLP400」を

 買って・・・夢をかなえているとおもいます!」

スーパーカーが好きな人や夢をかなえたい人におすすめのマンガ!

 

『BECK』全34巻 全巻紹介

BECK』1巻紹介

田中幸雄14歳 ホントに平凡な人生だった・・・あの男に出会うまでは」

 熱きロックバンドの始動。

 

BECK』2巻紹介

コユキの初ギター。

「すげえ 気持ちいい!!」

 

BECK』3巻紹介

バンド名はBECK

「取りつかれたかのように毎日ギターを弾きまくってる」

 

BECK』4巻紹介

この世で一番美しいといわれるギター、

グレッチの最高級機種“ホワイト・ファルコン”。

「バンドはただ技術のある奴だけ集まりゃあいいってワケじゃない

 “ケミストリー”が大切なんだ」

 

BECK』5巻紹介

コユキの初ライブ「こんなに気持ちが高揚するのは初めてだ!!」

「ギターってのはたった6本の弦を伝わって出てくる人間性なんだ」

 

BECK』6巻紹介

「すべてはこのCDから始まったのだった・・・」

新たなギター テレキャスターに出会ったコユキ

 

BECK』7巻紹介

訳ありのギター・ルシール。

海外のインディーレーベルからBECKの海外デビュー!?

 

BECK』8巻紹介

「何かとんでもないことが起こりそうな予感がする!」

グレイトフル・サウンド「すごい夏になりそうだ・・・」

 

BECK』9巻紹介

3つのステージで同時演奏。

3rdステージのBECKライブスタート。

 

BECK』10巻紹介

雨の中、狂乱のライブ。

「すごいニューカマーが現れたもんだ・・・」

 

BECK』11巻紹介 

BECK解散!?

竜介は何処だ。

 

BECK』12巻紹介

50日間で46か所の全米ツアー。

ロック史上最高のギタリスト ジミ・ヘンドリックス「全員墓場で会おう」

 

BECK』13巻紹介

ニルヴァーナリザード・ハウスを満員にせよ。

「すごい!!この5人なら信じられないくらいの“マジック”が起こせるんだ!!」

 

BECK』14巻紹介

「最高に・・・楽しい夜だ!!」

ニューヨークの老舗中の老舗ライブハウスBCG。

 

BECK』15巻紹介

「どんなに疲れて帰ってきても・・・この時間本当に幸せに感じる」

BECKのデビューマキシシングル!

 

BECK』16巻紹介

掘り出し物のギター、SG。

CD制作はホクロの凄腕コンビ。

 

BECK』17巻紹介

BECKの全国ライブ!

「この“熱狂の芽”は間違いなくひろがっていくだろう」

 

BECK』18巻紹介

世界的ビッグバンドのダイイング・ブリードのギタリスト、エディ・・・。

“おれたちの時代”を目指す。

 

BECK』19巻紹介

 「I gotta go・・・」

「深いところから衝き動かされるみたいな・・・

 インスピレーションに従っていこうよ」 

 

BECK』20巻紹介 

伝説のアヴァロン・フェスティバル。

UK No.1のインディーズ・レーベル ナフ・レコード。

 

BECK』21巻紹介

バンドのファーストにしか存在しない“えげつないパワー”

「おれは自分の“インスピレーション”に従っていこう・・・

 人それぞれいろんな生き方があっていい・・・」

 

BECK』22巻紹介

「魂に触れる音・・・」

「Forget it,never mind the time!」

 

BECK』23巻紹介

驚きのBECKのPV。

“全員で団結して全世界に立ち向かうようなオーラに満ちていた”

 

BECK』24巻紹介

“勇気を失うは全てを失う”

BECKを襲う卑劣な手。

 

BECK』25巻紹介

BECK内の亀裂。

ビートルズストーンズツェッペリンピストルズの英国へ。

 

BECK』26巻紹介

名所アビー・ロードでの約束。

間違いない“歴史的使命感“。

 

BECK』27巻紹介

“7・29麦酒ぶっかけ事件”

エディ・リーの“最後の曲”を追え。

 

BECK』28巻紹介

“DEVIL'S WAY”の歌詞作り。

自分から見た他人と、他人から見た自分の差。

 

BECK』29巻紹介

3本ライン、69年生のムスタング

運命の再会。

 

BECK』30巻紹介

アヴァロン・フェスティバル、開幕。

どの会場よりも観客を集める勝負!?

 

BECK』31巻紹介

レイライン・ステージ「この光景を目の前にして・・・

なにも感じない奴はいないだろ」

「大事なのは“魂に刻む”ってこと・・・」

 

BECK』32巻紹介

10万人のメイン・ステージ。

「頭のてっぺんから爪先まで鳥肌が立った・・・」

 

BECK』33巻紹介

大ヒット爆進中!!

斎藤さんと桃ちゃんがついに。

 

BECK』34巻(最終巻)紹介

聴いてる人の人生と一緒に歩いていく“音楽”。

音楽が好きな人やロックバンドに熱くなりたい人へおすすめのマンガ!

 

『神アプリ』全27巻 全巻紹介

『神アプリ』1巻紹介

 「指先一つで人生が変えられるとしたらどうする?

 それは・・・神にも悪魔にもなれる道具だった」

神アプリの入ったスマホを手にした御子柴の行動は!?

 

『神アプリ』2巻紹介

監視者 vs 御子柴亮。

孫氏の兵法“拙速は巧遅に勝る”。

 

『神アプリ』3巻紹介

指紋と同じように 人それぞれ違う耳紋。

収集癖のある福文字仮面。

 

『神アプリ』4巻紹介

仮面組合にステルススマホ!?

“ミイラマスク“の女も強烈なキャラ。

 

『神アプリ』5巻紹介

「ゲームに勝つのに重要な事は相手の気持ちになって考えるって事」

「スマート」な芝浦陽介・・・。

 

『神アプリ』6巻紹介

残虐な仮面組合の3人組。

チームM、発足。

 

『神アプリ』7巻紹介

C会員龍泉 vs D会員東雲。

「撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈撃沈 撃沈!!」

 

『神アプリ』8巻紹介

「弱点は利点にもなり得る!!」

「打打打打打打打打打打 打破ーッ」

 

『神アプリ』9巻紹介

恐怖の神スマホ狩り。

強烈なキャラ、カッパーマン

 

『神アプリ』10巻紹介

カッパーマン vs 御子柴亮。

御子柴と立花静香がついに。

 

『神アプリ』11巻紹介

武佐奈育子の生い立ち。

ミイラマスク vs 伊豆見圭太。

 

『神アプリ』12巻紹介

「犯罪者狩りアプリ」捕獲チームの秘密基地。

ミイラマスク vs 巻上理世。

 

『神アプリ』13巻紹介

ファントム vs 立花静香。

「戦いはかけひき」

 

『神アプリ』14巻紹介

「アプリは使う人によって10にもなるし100にもなる」

「おおおおおお木工仮面・・・!!お前の心は木で出来ているのか!?」

 

『神アプリ』15巻紹介

「勝つのに大事なのは「メリハリ」だ」

木工仮面 vs 御子柴亮。

 

『神アプリ』16巻紹介

「人生は選択の連続で成り立っている

 あの時ああしなければもっと良い人生が送れたかも

 あの時ああしたから幸せな人生を送れているのかも

 ほんの少しの選択が 人生を大きく左右する場合がある」

拘束マスク vs 東雲勇輝。

 

『神アプリ』17巻紹介

「滅滅滅滅滅滅滅滅滅滅滅滅滅滅 滅菌!!」

予想外の罰ゲーム。

 

『神アプリ』18巻紹介

B会員のチームA。

「無限の進化」の入口となる「特異点

 

『神アプリ』19巻紹介

イプシロン vs ハンター。

反逆同盟!?

 

『神アプリ』20巻紹介

突然の襲撃。

「ピンチの時こそチャンス!今は一番のピンチ!!」

 

『神アプリ』21巻紹介

「正義と悪は立場によって変わる」

η計画の目的。

 

『神アプリ』22巻紹介

隠密係が登場。

New御子柴。

 

『神アプリ』23巻紹介

ハンターチーム本部の内通者。

「伝説のハンター」

 

『神アプリ』24巻紹介

アルファ・ミューの最終目的。

本部決戦!

 

『神アプリ』25巻紹介

恐怖のボムタブ。

黒幕の正体が明らかに。

 

『神アプリ』26巻紹介

ハイパーヒューマン計画!?

「人間はいつ死ぬかわからない

 だから一日一日を全力で生きろ!!」

 

『神アプリ』27巻(最終巻)紹介

神にも悪魔にもなれる神アプリを手に入れたらどう使う?

頭脳戦が見たい人や秘密道具、ジョジョが好きな人におすすめのマンガ!

 

『頭文字D』全48巻 全巻紹介

頭文字D』1巻紹介

「秋名山の下り最速はとうふ屋のハチロクだ!!」

ユーロビート奏でるアニメも秀逸!

 

頭文字D』2巻紹介

FD3S vs AE86

必殺「ミゾ落とし」

 

頭文字D』3巻紹介

R32GT-R vs AE86

「リアサイドについているRのバッジは不敗神話のRだ!!

 オレのRについて来れるか!?」

 

頭文字D』4巻紹介

ガムテープデスマッチ シビックEG-6 vs AE86

特別クレイジーな文太の域!

 

頭文字D』5巻紹介

赤城の白い彗星FC3S vs AE86

「ストレートで速い走り屋は初心者・・コーナーを極めて中級・・

 上級者ともなればストレートでもコーナーでもない第3のポイントで差をつける・・

 そのポイントを極めることこそが・・オレの公道最速理論のメインテーマだ!!」

 

頭文字D』6巻紹介

秋名山以外では初の峠。

シルエイティ vs AE86

 

頭文字D』7巻紹介

中里R32GT-R 395PS vs 啓介FD3S 340PS!

「オレのFDが・・行けると教えてくれてる・・!!」

レインバトルS14 vs AE86

 

頭文字D』8巻紹介

ハチロクなんかに乗ってる奴ァ アウト・オブ・眼中」

R32 vs エボ4。

 

頭文字D』9巻紹介

AE86 vs エボ4。

「本当に速い奴ってのは・・直線でもコーナーでもない

 第3のポイントを速く走るっていうんだ」

 

頭文字D』10巻紹介

赤城にて須藤京一エボⅢミスファイアリングシステム vs AE86

赤城レッドサンズ vs ランエボ集団エンペラー。

 

頭文字D』11巻紹介

エボⅢミスファイアリングシステム vs FC3S

互いの走りにかける哲学と信念のすべてをかけたバトル。

 

頭文字D』12巻紹介

ハチロクターボ vs 啓介FD3S!?

「一万一千回転までキッチリ回せ!!」

 

頭文字D』13巻紹介

ハチロクターボ vs AE86新エンジン!

「見せてもらうぜ 群馬エリアで負けなしと言われた実力の片鱗をなァ!!」

「峠で速い奴が一番かっこいいんだ イケてるぜおまえ」

 

頭文字D』14巻紹介

いろは坂にてエボⅢミスファイアリングシステム vs AE86新エンジン!

「見せてやるぜ須藤京一流 勝利への方程式!!」

 

頭文字D』15巻紹介

「伝説の走り屋といわれた拓海のおやじさんの・・ 最強のライバル・・ゥ!?」

左足ブレーキ&インベタのさらにイン、MR2 vs AE86

 

頭文字D』16巻紹介

「冬を制する者は夏を制する・・!!」

雪道でセリカ vs AE86

 

頭文字D』17巻紹介

「それも自分の得意分野でなら誰にも負けないような・・

 頂点に立つドライバーになりたいんだ」第1部完!

プロジェクトDダブルエース、始動!

 

頭文字D』18巻紹介

ロードスター vs AE86

R34スカイライン vs FD3S

 

頭文字D』19巻紹介

栃木東堂塾 vs プロジェクトD!

二宮シビックタイプR EK-9 vs AE86

 

頭文字D』20巻紹介

インテグラタイプR vs FD3S

「はっえーっ!!バッカじゃねーのこいつ!!」

 

頭文字D』21巻紹介

プロ舘智幸シビックタイプR EK-9 vs AE86

「オレはDの活動の中で公道最速理論の完成のために

 まったくちがう2つのアプローチでひとつのゴールを目指している・・

 Dに2人のドライバーがいるのはそういうことだ・・

 ひとりはサーキットで培われたモータースポーツじこみのテクニックを

 公道に応用していく正統派のスタイル

 そしてもう一人は・・公道純粋培養の公道スペシャリスト

 峠という限られたステージを速く走ることに限定した変則的なスタイル・・」

 

頭文字D』22巻紹介

文太インプレッサWRX vs AE86!?

埼玉ヒルクライム恭子FD3S vs 啓介FD3S

 

頭文字D』23巻紹介

シングルターボ vs ツインターボ

「ドライバーが走り続ける限り テクニックの追求に終わりはないのだ・・!!」

 

頭文字D』24巻紹介

「常識のワクをブチやぶる天才ってのが世の中にはいる・・」

カプチーノ vs AE86

 

頭文字D』25巻紹介

スーパーチャージャー仕様レビン vs FD3S

文太インプレッサ登場。

 

頭文字D』26巻紹介

インプレッサハチロクの差に戸惑う拓海。

埼玉エリア最終戦、啓介を襲う卑劣な罠。

 

頭文字D』27巻紹介

ランエボⅤ vs ブラックFD3S

ランエボⅥ vs AE86

 

頭文字D』28巻紹介

恭子に対する啓介の潔さが漢!

茨城パープルシャドウ vs プロジェクトD!

 

頭文字D』29巻紹介

ゴッドアームS2000 vs AE86

ワンハンドステアとレコードラインの脅威。

 

頭文字D』30巻紹介

ゴッドフットR34 vs FD3S

「オレは死ぬまで・・GT-Rだ!!」

 

頭文字D』31巻紹介

上りと下り複合ステージの見えないバトル!

「あとひとつ・・死ぬ気でつっこめ!!」「うらあ こんちくしょおっ」

 

頭文字D』32巻紹介

足回りをリニューアルして戦闘力を上げたハチロク

拓海、運命の出会い。

 

頭文字D』33巻紹介

神奈川第1のライン 246 vs プロジェクトD。

ランエボ vs FD3S

 

頭文字D』34巻紹介

「右の中速ベントに進入しようとするFD3S

 まるで生きもののように身ぶるいさせるのを小早川は見た」

NB8Cロードスター vs AE86

 

頭文字D』35巻紹介

「非凡な集中力とセンスでABSをもたないハチロク

 どんなクルマよりも深いポイントまでプッシュする・・

 それこそが拓海の勝利の方程式である」

「拓海の得意技ブラインドアタック・・!!」

 

頭文字D』36巻紹介

神奈川第2のライン R・Tカタギリストリートバージョン vs プロジェクトD!

MR-S vs AE86

 

頭文字D』37巻紹介

ハチロクという道具を使わせたら あいつは超一流の職人みたいなものだ・・」

「クルマをコントロールするふところの深さこそが藤原ゾーンの真骨頂なんだ」

 

頭文字D』38巻紹介

80スープラ vs FD3S

レーシングドライバーを相手にとって・・!!

 ガチンコのスプリント勝負で行くっえのかァ!?」

 

頭文字D』39巻紹介

「ダークシルバーのR32・・死神GT-R!!」

神奈川第3のライン チーム・スパイラル vs プロジェクトD。

 

頭文字D』40巻紹介

車との対話を目指すゼロ理論。

Z vs FD3S

 

頭文字D』41巻紹介

シルビアS15 vs ハチロク

R32死神GT-R vs 赤城の白い彗星FC3S!?

 

頭文字D』42巻紹介

そこまでやるか、必殺のサイドブレス。

超高速ダウンヒルステージのDEAD or ALIVE

 

頭文字D』43巻紹介

神奈川第4のライン サイドワインダー vs プロジェクトD!

「プロDがなぜあれほどに強いかわかるか?

 あいつらはどんな時でも楽しそうなんだ・・・

 クルマが好きで峠が好きでここまで走ってきた・・・

 どんなピンチに立たされてもそれをどこかで楽しんでしまう・・・」

 

頭文字D』44巻紹介

箱根ヒルクライムNSX vs FD3S

「あの長い赤城道路で1秒以内の誤差にすべてのタイムをそろえてしまうなんて」

 

頭文字D』45巻紹介

「おまえはラッキーだ・・・

 クルマと峠を愛するものとしてこれほどの幸せはないぜ・・・

 おまえにできる・・・最高の走りをしろ・・・そして楽しめ・・・!!」

「純粋に速さでは負けたくないっていう意地とプライド・・・

 そもそもそれがなければレースなんてやっていない・・・」

 

頭文字D』46巻紹介

箱根ダウンヒル AE86トレノ2ドア vs AE86トレノ3ドア!

「あのコは逆サイドから先にコースを覚えました

 すべてのコーナーがまず出口ありきなんです」

「すべてのコーナーを・・逆サイドから覚えるぅ・・!?」

 

頭文字D』47巻紹介

「そっちが曲がれるスピードで・・こっちが曲がれないってことはないだろ・・!!」

「出た・・!!羽・・」

「なんでも貪欲に吸収するスペースの広さ・・

 流れる水のように無色透明で柔軟だ・・!!

 それこそが藤原拓海の本質かもしれない・・!!」

 

頭文字D』48巻(最終巻)紹介

「夢というにはちっぽけだけど・・

 世界に通用するドライバーを育ててみたいと思っているんだ

 群馬の峠から・・羽がはえてはばたいていくドライバーを・・

 そんなダイヤの原石をこれからも・・見つけ出して育てて送り出していきたい・・

 それが・・Dの頭文字にこめたオレの願いだから」

車が好きな人やスピードバトルに熱くなりたい人へおすすめのマンガ!