マンガで、人生楽しく!

毎日マンガを楽しく読むことで、人生を楽しくしよう!

月々安いインターネットは?! こちらをチェック♪

『鮫島、最後の十五日』20巻(最終巻)紹介

最後の十五日、どのような結末を思い描いていたのだろうか・・・。 圧倒的な熱量に惹きつけられたい人や大相撲が好きな人におすすめのマンガ!

『食戟のソーマ』11巻紹介

料理界の弁慶と牛若丸が激突す! もう一方では、大鷲vs猛虎!

『BLEACH』29巻紹介

「十刃落ち」侮るなかれ! 白哉の美的感覚に、ほっこり。

『鮫島、最後の十五日』19巻紹介

一番一番が毎回鳥肌ものなのは凄すぎる! 「でも・・・ただひとつ・・・私に飛び抜けた才能があったとするなら・・・ 誰にも負けないくらい相撲が好きだったということでしょう」は名言!

『食戟のソーマ』10巻紹介

「料理しろよ」に笑う。 恋の味を知らない"神の舌"えりなに対し、秘書子のマンガ厳選が微笑ましい。

『BLEACH』28巻紹介

侵入、虚圏! 初っ端から、何・・・だと・・・?

『鮫島、最後の十五日』18巻紹介

「己の・・・存在を・・・生き様をぶちあてろ!!!」 「土俵で一番楽しむのは俺だ!!」黄金世代二人の大一番に涙。

『食戟のソーマ』9巻紹介

「弁当としての楽しさや新しさ」は勉強になる。 人気のラーメン対決、突然のスタンドに笑った!

『BLEACH』27巻紹介

神の領域を侵す能力!? 復ッ活ッ、グリムジョー復活ッッ、グリムジョー復活ッッ!

『鮫島、最後の十五日』17巻紹介

十二日目、「土俵で互いに高め合える・・・特別な存在・・・」 取組前の土俵に手を付く描写が毎回上手すぎる!

『食戟のソーマ』8巻紹介

一色先輩は幅が広い! 身近な弁当対決が興味深い。

『BLEACH』26巻紹介

「大切なのは「どうあるべきか」ではなくどうありたいか」は名言! ついに「十刃」勢揃い!

『鮫島、最後の十五日』16巻紹介

序ノ口時代からの再戦! 「何も・・・何も残す気はない・・・」覚悟に涙。

『食戟のソーマ』7巻紹介

何億通りもの組合せがあるスパイスは奥が深い! 貞塚ナオ(白)に目を疑った。

『BLEACH』25巻紹介

王と騎馬、本能だ一護! 空座町が消える!?

『鮫島、最後の十五日』15巻紹介

関脇vs小結の怪力対決! 「どうすんだ」鯉の途中休場にそんな背景が!

『食戟のソーマ』6巻紹介

創真の父親、只者ではなかった! 数百名からわずか8名を選ぶ秋の選抜開幕!

『BLEACH』24巻紹介

限定解除の演出は上手い! 最下級ギリアンでこの強さ!?

『鮫島、最後の十五日』14巻紹介

圧倒的な光により暗闇に落ちた百雲。 松明親子のやり取りが胸にしみる・・・。

『食戟のソーマ』5巻紹介

「失敗したっていう「経験」は得た」は名言! すみれ印の唐揚げロールは絶品だ!

『BLEACH』23巻紹介

恐怖、“破面”襲来! かっての強敵が味方とは心強い!

『鮫島、最後の十五日』13巻紹介

強さを履き違えていた常松が、鯉太郎の"強さ"によって変わっていく姿に 心を揺さぶられる。 「情熱よ・・・残酷を・・・超えろ・・・!!」

『食戟のソーマ』4巻紹介

まさかの相手に食戟! 大人になっても成長を止めない熱意は大事だ。

『BLEACH』22巻紹介

新章突入! 死神×虚の“破面”!?

『鬼滅の刃』20巻紹介

月の呼吸が繰り出す技の数々、背筋が凍る! 厳勝と縁壱のやりとりが胸にしみる・・・。

『食戟のソーマ』3巻紹介

創真に面白ライバル出現! 特別読切に心が暖まる。

『BLEACH』21巻紹介

熱かったッ!尸魂界篇完! ・・・一心!?

『鮫島、最後の十五日』12巻紹介

仁王と白水の不器用な絆に魂が震える。 その後のアイスてる回は、思わず「えー!」と叫んだ!

『食戟のソーマ』2巻紹介

「抱いて〜〜〜っ→放せ」に笑った。 シャリアピアンステーキ丼は食欲をそそる!

『BLEACH』20巻紹介

「・・・あまり強い言葉を遣うなよ、弱く見えるぞ」 ・愛染隊長・・・!?