マンガで、人生楽しく!

マンガを毎日読むことで、人生を楽しくしよう!

ヒューマンマンガ

『自殺島』17巻(最終巻)紹介

生きるとは何か、最も大事なことを再確認できる作品。 仕事やプライベート、人生に悩んでいる人へおすすめのマンガ!

『自殺島』16巻紹介

「命を繋ぐ偉業を成す女性達 私は全ての母に感謝し 全ての女性を尊敬する」 「僕らの・・・この・・・命は・・・ 何百万年 いや 何万年繋がれてきた・・・命 何人もの人の苦しみ・・・喜び・・・奇跡が! 繋いできてくれた・・・僕に渡してくれた・・・!」…

『自殺島』15巻紹介

最後の戦い! 結果悪だろうが他人に危害を加えるのはイカンぜよ!

『自殺島』14巻紹介

争いを好む相手にどう対応すればいいのか。 何も持っていなかったボウシ、怒れ!

『自殺島』13巻紹介

恐怖のサメ狩り! 黄金色の波を作り終えたミノルに心を打たれる。

『自殺島』12巻紹介

少数派になってしまったセイの決断。 イヴとセイがついに!

『自殺島』11巻紹介

少数派を救えない多数決の議論は深い! 「生きると言う事は 即ち食べ物を得る活動を指すのだ 本来は生きる糧を得る為に学び 集い 働いているのだ ここでは生きる事が目的だ!そして その中に喜びは ある」は名言!

『自殺島』10巻紹介

「人間以外の生き物は ただ生きる事のみで幸せを感じる事が出来る 人もそうなんだって 今は思う 僕は今幸せだ」 「"満たされる"事 その意味を私達はもっと考えるべきかもしれない 競う能力の向上に比べ "感じる能力"の向上にあまりに無関心過ぎる気がする 私…

『自殺島』9巻紹介

盾と長槍、効果は抜群だ! いつの世も・・・戦いか・・・。

『自殺島』8巻紹介

第2陣到着で事態が動く! 盾の有効性が理解できる。

『自殺島』7巻紹介

いくら話しても分かり合えない人はいる。 カイの幇助が明らかに!?

『自殺島』6巻紹介

交渉決裂。 イヴの悲愴な過去が明らかに。

『自殺島』5巻紹介

猪との初戦! トモ、受け入れられて良かった。

『自殺島』4巻紹介

この島に来て、前を向く者、迷う者、無法をする者。 突き漁に網漁、釣り漁の特性がわかりやすい。

『自殺島』3巻紹介

「僕は 幾星霜の命の上に立っている 生きよう」 無法・・・島!?

『自殺島』2巻紹介

「サバイバルに大切な事は"よく考える事""工夫する事" "行動する事""諦めない事"だと言う」 「過去に"もしも"が起きる事はない "もしも"が起きるのは・・・未来だけなのだ」は名言!

『自殺島』1巻紹介

未遂者たちが送られる島。 なぜ生きるのか、その答えに迫る!

『うさぎドロップ』10巻(最終巻)紹介

やさしい気持ちになれる作品。 ほのぼのしたい人や家族に悩んでいる人へおすすめのマンガ!

『うさぎドロップ』9巻紹介

衝撃の事実! ダイキチが聖人すぎる!

『うさぎドロップ』8巻紹介

自分の本当の気持ちに気付いたりん。 「マジでか!!マジでか・・・!!」

『うさぎドロップ』7巻紹介

りん、ドキドキの対面。 「"お母さん"になれる人はいっぱいいるけど "あたしの仕事"を出来る人は あたししかいないって」家族にとっては確かにまったく逆。

『うさぎドロップ』6巻紹介

りんとコウキ、でっかくなったなー。 自分のことだけでは済まない大人の恋が切ない。

『うさぎドロップ』5巻紹介

10年後、高校生編。 「長いことかかった気持ちの確認 こんなにもうれしいのにこんなにも悲しい」

『うさぎドロップ』4巻紹介

家族なり病気なり考えさせられる内容。 ほのぼのしたッ!ちびっ子編完!

『うさぎドロップ』3巻紹介

りんとコウキが小学生に。 子供と一緒に成長する木っていいね!

『うさぎドロップ』2巻紹介

りんが段々と心を開いていく姿が胸にしみる。 りんの母親に対しては賛否両論があろう。

『うさぎドロップ』1巻紹介

独身30男ダイキチが6歳児りんを引き取ることに。 TVアニメ化&映画化作品!

『下町銭湯家族』4巻(最終巻)紹介

おくら湯と家族の繋がりが、あったかい気持ちにしてくれる! 銭湯が好きな人や家族で悩んでいる人におすすめのマンガ!

『下町銭湯家族』3巻紹介

おくら湯再開への道は? 「服という鎧を脱ぎ捨てて、身も心も裸同士の非日常な空間。 こんなへんてこなコミュニケーション、銭湯でしかできないでしょう?」

『下町銭湯家族』2巻紹介

おくら湯、売却か再生か。 「この温もりは銭湯という場所が紡ぐ空気感なのだろうか」