マンガで、人生楽しく!

マンガを毎日読むことで、人生を楽しくしよう!

医療マンガ

『ゴッドハンド輝』60巻紹介

孤島では真東先生のような全身科医でないと対応できないな。 成長した四宮とテルによる、心臓の悪性腫瘍手術には胸が熱くなった。

『ゴッドハンド輝』62巻(最終巻)紹介

常に患者のために、理想の医療というものを見ることができた! ケガや病気と戦っている人や医療関係者におすすめのマンガ!

『ゴッドハンド輝』61巻紹介

病院や国の利害を超え、敵(難病)に勝つために医学を進歩させる発想は素晴らしすぎる! 神に挑む手術、心臓の処置に目を疑った!

『ゴッドハンド輝』59巻紹介

医者としての使命を取るか家族を取るか。 テルの「か・・・あさ・・・んっ」は泣ける・・・。

『ゴッドハンド輝』58巻紹介

テルと綾乃さんもついに! 「ライバルは敵じゃない、共に頂を目指す最強の友だと!」は名言!

『ゴッドハンド輝』57巻紹介

総合診療科を新設し、派閥も科の確執も撤廃した四瑛会! 改心した蓮の本気は素晴らしい!

『ゴッドハンド輝』56巻紹介

墜落事故の回想に涙。 生命の尊さを胸に、テル再始動!

『ゴッドハンド輝』55巻紹介

生命(高所)の綱渡りに気付いてしまったテル。 医者なら避けることができない試練だ。

『ゴッドハンド輝』54巻紹介

絶望的な状況で院長が登場したときの安心感! 3回の心拍停止に死がすぐそばにあることを実感できる。

『ゴッドハンド輝』53巻紹介

蓮から推薦の、テルを同じく全身科医を目指す神谷先生がヴァルハラに。 あらゆる科のスペシャリストになる必要がある全身科医の頂は果てしないな。

『ゴッドハンド輝』52巻紹介

我が家のようなヴァルハラはやはり落ち着く。 四瑛会編の3年を経て、四宮と佐野さんがついに!

『ゴッドハンド輝』51巻紹介

オペ対決の結末には感極まった! 四瑛会をヴァルハラのような何より生命を尊ぶ病院へ、頼むぞ蓮!

『ゴッドハンド輝』50巻紹介

テルを賭けた蓮vsテルのオペ対決! 魂のないゴッドハンドに息を吹き込めるか!?

『ゴッドハンド輝』49巻紹介

これぞヴァルハラクオリティ! って今度はテル一人で神戸へ・・・。

『ゴッドハンド輝』48巻紹介

経営権を握った蓮、何をしでかす!? ついにヴァルハラへ帰ってきた2人に安堵。

『ゴッドハンド輝』47巻紹介

なんと御前が・・・。 裏ボスは!?

『ゴッドハンド輝』46巻紹介

大ボス御前とついに対決! ヴァルハラメンバーのコミカルな回にほっこりする。

『ゴッドハンド輝』45巻紹介

ついに会長選挙決着! 「医は仁術」の理想を胸に、四瑛会を革命や!

『ゴッドハンド輝』44巻紹介

ここで北見先生にビックリ。 会長選挙に邁進も、患者の苦しみを治すために医者になった初心忘るべからず。

『ゴッドハンド輝』43巻紹介

たばこの消火水がニコチン中毒を招くとは身近で恐ろしい。 盲腸や肺動脈の位置が違う人がいるから、マニュアルではなく臨機応変な対応が必要だと体感できる。

『ゴッドハンド輝』42巻紹介

「マンガ、その一冊が生きる力をくれるんや!!」は名言! 患者第一に、外科・内科・救急の壁を取っ払っていくテルと四宮は見ていて爽快だ。

『ゴッドハンド輝』41巻紹介

全身科医のゴッドハンドを目指す2人。 「医は仁術」の志で、腐った上層部を洗濯ぜよ!

『ゴッドハンド輝』40巻紹介

権力で腐敗した四瑛会を改革しようとする四宮。 優秀な若手のやる気を権力で潰そうとするのはどの職場にもあるな。

『ゴッドハンド輝』39巻紹介

四瑛会に乗り込んだテル、そこは患者ではなく権力が第一であった。 四宮を信じる鵜飼さんが良い役してる!

『ゴッドハンド輝』38巻紹介

「なによりまず生命だ!!」は名言! 四宮がいつ戻ってくるのかと思っていたら、予想外のテル四瑛会へ。

『ゴッドハンド輝』37巻紹介

四宮が四瑛会で技術至上主義に戻りつつあるのが残念。 四宮の代わりに四宮妹がヴァルハラへ。

『ゴッドハンド輝』36巻紹介

ヴァルハラはゴッドハンド揃いだと実感できる回。 天賦の才に驕ることなく努力できる精神力が凄い!

『ゴッドハンド輝』35巻紹介

神の頂・真東光介の過去手術にシビれる! テルを頂へ押し上げようとするヴァルハラの医師たちに感激。

『ゴッドハンド輝』34巻紹介

古武術を介護に応用は驚いた。 神戸に連れ戻された四宮、どうすんの!?

『ゴッドハンド輝』33巻紹介

四宮の大法要、無事では済まなかった。 患者の命を危険にさらすとはマジか、蓮!