マンガで、人生楽しく!

毎日マンガを楽しく読むことで、人生を楽しくしよう!

大相撲マンガ

『鮫島、最後の十五日』18巻紹介

「己の・・・存在を・・・生き様をぶちあてろ!!!」 「土俵で一番楽しむのは俺だ!!」黄金世代二人の大一番に涙。

『鮫島、最後の十五日』17巻紹介

十二日目、「土俵で互いに高め合える・・・特別な存在・・・」 取組前の土俵に手を付く描写が毎回上手すぎる!

『鮫島、最後の十五日』16巻紹介

序ノ口時代からの再戦! 「何も・・・何も残す気はない・・・」覚悟に涙。

『鮫島、最後の十五日』15巻紹介

関脇vs小結の怪力対決! 「どうすんだ」鯉の途中休場にそんな背景が!

『鮫島、最後の十五日』14巻紹介

圧倒的な光により暗闇に落ちた百雲。 松明親子のやり取りが胸にしみる・・・。

『鮫島、最後の十五日』13巻紹介

強さを履き違えていた常松が、鯉太郎の"強さ"によって変わっていく姿に 心を揺さぶられる。 「情熱よ・・・残酷を・・・超えろ・・・!!」

『鮫島、最後の十五日』12巻紹介

仁王と白水の不器用な絆に魂が震える。 その後のアイスてる回は、思わず「えー!」と叫んだ!

『鮫島、最後の十五日』11巻紹介

空流部屋の部屋頭として、白水の悩みがわかる。 鯉太郎に小さくも恐ろしい異変が・・・。

『鮫島、最後の十五日』10巻紹介

「熱で熱を喰う」が腑に落ちた! 結びの一番、部屋頭の殿が面白い!

『鮫島、最後の十五日』9巻紹介

鯉太郎のライバルたちの成長がわかる“幕内土俵入り”は面白い! 丈影を通じて、泡影の格の違いをまざまざと感じる。

『鮫島、最後の十五日』8巻紹介

「感謝」を実感した蒼が胸にしみる。 己に神を宿す存在の横綱、底が知れん!

『鮫島、最後の十五日』7巻紹介

猫山ニャン吉が微笑ましい。 階級制の競技ではないから、鯉太郎の苦労と面白さがわかる!

『鮫島、最後の十五日』6巻紹介

久方ぶりの同期、蒼希狼! 念願の大金を手に入れても、幸せになるとは限らないな・・・。

『鮫島、最後の十五日』5巻紹介

四日目、角界最重量! 自動車と正面衝突する恐怖を感じる!

『鮫島、最後の十五日』4巻紹介

「必死こいてる奴を笑う奴に、大した奴はいねーんだよ」は名言! 冷めた小学生アカネに見せる、鮫島の力技が凄い!

『鮫島、最後の十五日』3巻紹介

仁王と親方の絆に涙。 才能に溺れた宝玉光に、努力の結晶を叩き込め!

『鮫島、最後の十五日』2巻紹介

仁王、兄弟子としての宣言が粋! 大関との一番もシビレるッ!

『鮫島、最後の十五日』1巻紹介

ソップながらも熱き取組で幕内に上がった鮫島! 相撲に選ばれなかった男の、最後の十五日を見よ!