マンガで、人生楽しく!

マンガを毎日読むことで、人生を楽しくしよう!

『孤高の人』全17巻 全巻紹介

孤高の人』1巻紹介

偉大なる単独行者・文太郎氏が現代を舞台に蘇る!

初めてのクライミングで"生きていること"を実感。

 

孤高の人』2巻紹介

「今まで何があったかなんて問題じゃない
 これからどう生きていくのかが問題なんだ」
「クライミングはヨーロッパじゃサッカーやロードレースに並ぶ
 メジャーな競技なんだ」
 

孤高の人』3巻紹介

「雪山はいいぞー 下界の汚たねー事やな事全部
 真っ白に洗い流してくれるんだ」
黒沢先輩と礼子さんの真実、周囲の思い込みはいけない教訓。
 

孤高の人』4巻紹介

こんなに早く こんなに近い山で 大西先生・・・。
「明鏡止水 私心欲心がなく全てをありのままに受け入れる静かな心境」
 

孤高の人』5巻紹介

“K2 シャングリ・ラ プロジェクト”始動!
「でもやっぱり山はいい
 ここに来れば下での嫌なことは全部忘れてホッとする・・・」
 

孤高の人』6巻紹介

厳冬期北アルプス全山縦走!?
山では陥りやすいリングワンデリング。
 

孤高の人』7巻紹介 

後立山連峰・不帰岳嶮。
先を読むスペシャリスト加瀬さん・・・。
 

孤高の人』8巻紹介

14マウンテンK2東壁シミュレーショントレーニング、衝撃の結末。
「・・・い いーれーて・・・」
 

孤高の人』9巻紹介

単独行・森文太郎。
「この地球上に60億の人間がいて
 一人として同じ人間がいないのと同じように・・・
 世界中でたった一つ
 君にしかできない仕事をしなさい」
 

孤高の人』10巻紹介

14マウンテンメンバーの末路。
懐かしい顔が登場。
 

孤高の人』11巻紹介

 時は人を変える。
「彼こそが“不死身の単独行者”
 ミスター加藤文太郎だ」
 

孤高の人』12巻紹介

 文太郎の春。
8000m峰では生物が存在している事自体不自然な事なんだ・・・」
 

孤高の人』13巻紹介

花ちゃんと六花ちゃんのあたたかさ。
山か家庭か、文太郎の選択。
 

孤高の人』14巻紹介

人類史上誰も触れる事を許されなかった
8611m世界最難の氷壁 K2東壁・・・!!!
破滅が隣り合わせの恐怖!
 

孤高の人』15巻紹介

「生きてぇー」建村・・・。
「俺は不死身の加藤文太郎だー!!!!!」
 

孤高の人』16巻紹介

単独行者・文太郎が選んだ道に驚愕!
「行ける、無理だ」相克。
 

孤高の人』17巻(最終巻)紹介

偉大なる単独行者・加藤文太郎の挑戦。
前人未到の挑戦を見たい人や山が好きな人におすすめのマンガ!