マンガで、人生楽しく!

マンガを毎日読むことで、人生を楽しくしよう!

『傷だらけの仁清』全15巻 全巻紹介

『傷だらけの仁清』1巻紹介

「人は傷ついた分だけ強くなって・・・

 しっかり生き抜いていくものだから」

ステゴロ仁清が傷つきながらも求める絆とは。

 

『傷だらけの仁清』2巻紹介

一人一秒。

ステゴロ仁清の殴り込みに驚愕!

 

『傷だらけの仁清』3巻紹介

「人の役に立つ人間になりたい」仁清の気概が凄い!

署長の器の大きさに圧巻。

 

『傷だらけの仁清』4巻紹介

「いいことも悪いことも分かち合うんだ

 苦しみも家族と分かち合えば半減するんだ

 いいことも家族で分かち合えばそのうれしさも何倍にもなるんだ」

「愛を・・・愛をなめんじゃねえぞ こらあっ」

 

『傷だらけの仁清』5巻紹介

署長が警察官僚を目指すに至る悲しき過去。

“蜥蜴”と呼ばれる伝説の殺し屋!?

 

『傷だらけの仁清』6巻紹介

蜥蜴 vs ステゴロ仁清!

魔の手が署長に迫る。

 

『傷だらけの仁清』7巻紹介

“昭和の巨魁”現る。

“地球最凶生命体”!?

 

『傷だらけの仁清』8巻紹介

署長の決意。

「求めない愛ってえのもあるんだバカヤロー」

 

『傷だらけの仁清』9巻紹介

「人生楽しもうぜ どうせ人間死ぬ時はイヤでも死ぬんだ」

失ってから気付く、家族の大切さ。

 

『傷だらけの仁清』10巻紹介

トラック突入!?

仁清の潜入捜査。

 

『傷だらけの仁清』11巻紹介

手段を選ばない金近たちとの決着。

「しかし“真面目に生きる”って当たり前のことが大変な世の中って・・・

 なんかおかしいよね」

 

『傷だらけの仁清』12巻紹介

「“生”の中に“死”があり “死”が“生”を支える」

昭和の巨魁の人生論。

 

『傷だらけの仁清』13巻紹介

真っ直ぐな円城寺署長・・・。

「私やママの笑顔を見るだけで幸せな気持ちになれるって」

「なにそれ もう最高のパパじゃん」

 

『傷だらけの仁清』14巻紹介

何気ない日常のエピソードに、仁清のあったかさを感じられる。

仁清の見習い時代。

 

『傷だらけの仁清』15巻(最終巻)紹介

「仁清よお前は生きるんだ

 生きて“五感六力”を鍛えるんだ」

格闘が好きな人や家族の温かさを再確認したい人におすすめのマンガ!